スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Absolute Nine は危ないん 

タイトルどおり普通にリタイアしてしまうので安易にプレイするのは危ないん


2/29 15:00 に始まりましたLIVE Grrove Vocal burst
いわゆるメドレーイベントです

今回に上位報酬は橘ありす、ポイント報酬は原田美世、イベント楽曲は Absolute Nine です

ボイス総選挙1位で根強い人気かつイベントのボーダーが比較的上がるCoolのありすが上位報酬ということで今回はけっこうボーダーが高くなるのではと予想しています

自分は美世だけとって撤退しようかと思います

前回のイベント最終日に1万pt以上稼いで何とか上位報酬をとったのでドリンクが足りないです

月末ガチャ回して石もないですしw


そんななか今回のイベ曲 Absolute Nine
メドレーイベ定番のMASTER+が前回の Tulip に引き続き最高難易度の30

Tulip にもなかなか苦戦させられましたが今回はそれ以上でした

8分同時押し連打、イントロラストの音合わせの単押し8分三連+フリック、えげつない縦3連、仕舞いにはTPでおなじみのジグザグロングフリックが高速で飛んでくる始末
もうほとんど難しくないところが無いといっても過言ではないくらいの難度、間違いなく過去最高難度です

さらに全ノーツ数999というこれまた最高数値

これ作った人クリアできないでしょ?と思ったのは自分だけじゃないはずです


それでもな何度かチャレンジし4回目くらいで運よくクリアできました

そのリザルトがこれ
IMG_1180.png

ミスの数がすごいことになってますww
回復がうまく働き何とか落ちなかった感じです
この後5回目をやったら見事に落ちましたww


ユニットは SSR杏・SR小日向ちゃん・SR菜々・SRフレちゃん・SRあずき です
IMG_1181.png


編成についてちょっと解説すると

メドレーは基本総アピール高い順4人+回復でやってます

判定は割とゆるいゲームなので判定を強制的にperfectにする判定強化スキル(SR藍子等)は極力入れず、スコアアップやコンボボーナスを多めに入れ、ステータスの高いniceでコンボが繋がるコンボ継続を1人入れています

これにところどころミスして減ったライフを回復するために回復スキルを1人入れてます

こんな感じでメドレーイベはやってます


アブナインMASTERについてはまだプレイできていないのでプレイし次第軽く攻略を書きたいと思います


今日は以上

続きを読む

スポンサーサイト

簡単なコツ的なヤツ 

前回の記事
http://bluehouse1.blog72.fc2.com/blog-entry-199.html#more
に引き続きコツのような感じの攻略です

曲ごとの攻略についてはもう少し後になると思います。


まずゲーム画面で見るところ

IMG_1064.jpg
音ゲーが苦手、あまりやったことが無いという人はこのへんを見ているケースが多いと思います

このように判定ライン周辺を見ている場合判定はよくなる傾向にあるのですが、先のノーツが見えないため非常に反射神経頼りになってしまいます

IMG_1063.jpg
その対策として画面の中央付近及び画面上部のノーツの出始めを見ることをおススメします

少し先のノーツまでみることが出来るため少し余裕ができます

このゲームはかなり曲の音に忠実にノーツが流れてくるため判定ラインを凝視せずとも曲を覚えれば判定が悪くなることも減ります

慣れてくればプレイしながらの視線移動で対応できると思います


次にハイスピについて

デレステは楽曲を選択した際に「流れてくるリズムアイコンの速度を設定します」と出るので存在を知らないということはまず無いでしょう

音ゲーをプレイするに当たってこのハイスピが意外と重要

昔友達に「なんで音ゲーやってる人ってあんなに速くしてやってるの?」なんていわれたことがあるのですが、
難しい曲をやるときこれが無いとノーツの間隔が非常に狭く判断がつかなくなるんです

極端な例を上げると M@GIC のMASTERにてイントロの長押し+縦連の難所

IMG_1065.png
これがスピード1

IMG_1068.png
これが普段自分が使っているスピード8.5

このようにスピードが遅いとノーツが何個あるのかわからなくなるうえ、リズムも非常につかみにくくなるんです


しかし速すぎても、ノーツの間隔が開きすぎるため先のノーツが見えない、単純に速すぎて反応できないというデメリットもあるので自分に合ったハイスピを見つけてプレイしてみるといいと思います

BEAMANIシリーズの多くはBPMによって楽曲のノーツの流れるスピードが違うのですが、このゲームは曲はBPMにかかわらず、流れてくるノーツのスピードは一定なのでちょうどいいハイスピを見つければ圧倒的にプレイしやすくなります

ちなみに自分は前述の通り、基本は8.5、見にくいと感じたときのみ9、例外として Trancing Pulse のみ常に9でプレイしています


今回は音ゲー苦手な人が陥っていそうなことのコツについて書いてみました

三月くらいからは曲の攻略なんかも書いていければいいなと思っています

以上

三日坊主じゃないんです 

二月も気づけば半分が過ぎてしまいました

忘れてたんじゃないです

すこぶる忙しいんです

twitterもほぼロム専、ソシャゲもほぼログインのみの生活を送っています

思いのほか忙しくて自分でもびっくりです

卒業直前の追い込みとはいえ追い込まれすぎてます

そろそろこれから開放されたいw

さっさと卒論書いてしまえばいいんでしょうがいかんせん、夏休みの宿題は最終日まで溜め込むどころか最終日にすらやらないタイプの自分はなかなか手が進みませぬ

まあ結果が出たのが今朝で書けなかったというのもあるのですが

明日当たりからやらなきゃなと宣言はしたもののなかなかやる気は出てこない

やらなきゃ卒業できないからやらないわけにはいかんのですがね

やる、うん

やろう

やるのかな・・・

やらないんだろうな・・・

週末には手を出す

がんばろう

続きを読む

ゲームの仕様?とかちょっとしたテクニック 

まずはじめにことわっておくことがひとつ

自分は音ゲーをそんなにがっつりやっているほうではないので内容に誤りがあることがあるかもしれません

なるべく気をつけますがご了承ください


それではこのゲームの仕様とか知っておくとちょっとミスが減るかもなテクニックなどを解説していきます
(図についてはスクショ何度が高かったため模式図となっています)

はじめにゲーム画面のボタンやノートの仮称について
ゲーム画面はこのようになっていますよね
ゲーム画面

この下の判定ラインのボタンをここでは左から1~5とします
番号


そしてこのゲームには基本的なノーツが4種類、これらを複数組み合わせたノーツが数種類あります
基本ノーツはシングルノーツ(単押し)、同時押し(同時)、ロングノーツ(長押し)、フリックノーツ(フリック)の四種類です
デレステ

複数組み合わせたノーツは意外と数が多いのでここでは簡単なものをいくつか紹介します
同時+長押し、長押し+フリック、ロングフリック(折り返しフリック含む)
デレステ2

このほかにも三種類組み合わせたものなどなど有ります(同時+長押し+フリックなど)


これらのノーツのうち仕様によるテクニックやコツがあるものがあります

1.ロングノーツは押しはじめと終点がボタンの位置にあればOK
デレステ3
 このように押していてもmissになることはありません
 
*下図のような長押し+フリックの場合この仕様は適用されません
デレステ9

2.長押しは終点の直前に離してもmissにならない
 この仕様を利用して下図のようなテクニックを使えます
デレステ10
(風色メロディmasterなど)
 長押しの終点直前で指を離してそのまま同じ指で単押しを押します
 この図のように3の長押しを右手で押してしまった場合に役立ちます

3.フリックの判定は見た目と違う
 ロングフリックの判定は
デレステ11 こうではなく
デレステ6 こうなっています
 フリックの判定は繋がっていても判定が一つ一つ独立しています
 ですが終点で離す必要が無いため全ての指を離すことなくなぞるができます
 
 これらはこのように応用することもできます
デレステ8
デレステ12
(Orange Sapphireなど)
デレステ15
(tulip master+など)

4.フリックは最終的な方向があっていればmissにならない
 このような長押し+フリック
デレステ13
 他のノーツに目が行ってしまい逆方向にフリックしてしまうなんてことがたまにあります
 そんなときは
デレステ14
 こうすればmissになりません

自分が気づいたものはこんなところです

少しでも見た方の役に立てば幸いです

今回は以上
追加で気づいたことがあればその2とか作るかもです

続きを読む

ミリオン3rdツアー 仙台公演 感想2  

諸事情によりなかなか更新できませんでした
日が空いてしまったため覚えてるとこだけ書いていこうかと思います

カバーコーナーが終わって後半戦トップはゆい㌧とりえしょんのデュエット、夜に輝く星座のように
中の人たちも奈緒と亜利沙も明るい元気な子ですが、曲はちょっと妖艶な感じ、歌もダンスも決まってました
ダンスにターンが入ってるのがかっこいい!

恋のLesson初級編、かわいいmachicoここにありって感じでした
この曲一部の界隈で非常に面白いコールがあるんですが今回それをやってたんですが周りから見たらけっこう厄介だったんじゃないかと思いますww

打って変わってライアー・ルージュは軽くフリコピをしつつ見ていました
2ndで極まったと思っていたこの曲ですが、天ちゃんのパフォーマンスはそれを超えていきました
ダンスも歌も進化し続けてますね

仙台公演でpiece of cakeが来るとは思いませんでした
組み合わせも天ちゃんとmachicoというなかなか意外な組み合わせ
しかしこの2人の歌声は非常に合っていて素晴らしいものとなっていました

2ndでは歌わなかった小さな恋の足音はかなりお気に入りの曲だったのでここでようやく聴けて非常に嬉しかったです
ゆんこんの感情がのった歌声が印象に残りました
なんとか思い出してこんなところでしょうか

間が空いてしまうとなかなか感想が思い出せなくなってしまうものですね

次からはなるべく新鮮なうちにまとめるようにしなければ・・・

以上でしたー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。